何もかも複雑に私が生まれて40年

何もかも複雑に

私が生まれて40年以上が過ぎました。
色んな技術が、時間の経過とともに進化をつづけています。
利便性を考えれば、確かに快適に生活できるようになったと言えると思います。
しかし見方を変えれば、人間関係の希薄さに懸念があるという見方もできると思います。
テレビ1つ取っても大きく進化しています。
今では、地上波・BS・CSを家庭で楽しめる時代になっています。
インターネットの存在も大きくなりました。
あまりにも選択肢が増えすぎて、逆にどれを選べばいいのか?困惑する人もいるかもしれません。
極端かもしれませんが、家でこもってずっとテレビを見ていられるようになっています。
つまり、誰とも会わなくて済んでしまっているという言い方ができます。
それって、豊かになったとも言えますし、侘びしくなったと思う人もいるでしょう。
治安が良いと言われている日本。
しかし、ニュースでは毎日誰かが亡くなっています。
携帯電話が普及して、全くの赤の他人との繋がりが持てるようになりました。
この便利なツールが、思わぬ犯罪を誘発してしまう時もあります。
私が幼少期の頃は、留守番電話すらない時代でした。
だからと言って、事件がなかったわけではありません。
しかし、現在の方が気をつける事柄は、確実に増えたと言えると思います。
万事が複雑化した現代社会。
良い面と悪い面は、どちらが勝っているのでしょうね。人探しを探偵に依頼する

イタリアとの慈善試合

29日の慈善試合のために母国のイタリアから帰国した
ザッケローニ監督が、29日の慈善試合以外にも
慈善試合の日程をできるかぎり組み込みたいという
プランを明かしているんだそうです。
その相手は長友選手の所属するインテルミラノや
イタリア代表です。
ザッケローニ監督が橋渡し役をすることによって
このようなビックマッチが実現するかもしれません。
サッカーファンとしてはたまらないカードですね。
人気のあるサッカーだけにそういった意味で
被災地のためにできることは多いかもしれませんね。